。。。

 
僕の仕事はいわゆる検針業務、外回りです。いっとくけど東電じゃないよ。

降り出した雨の中、小高い山の中の家を訪問、ちょうどご主人が出てきたので、

「どうもー 検針でーす」と声をかけた。

ご主人、あわてた顔で、「雨、大丈夫?。。放射能」
俺、みけんに皺を寄せて、「あー。。。」
ご主人、「めだかが死んじゃったんだよ。雨どいの下に置いといたら。。。」
ものすごい不安げである。
俺、「。。。わかりません。。。だいいち政府からして、でたらめなので、僕にもよくわかりません。。」
正直に言った。 ご主人もわかってくれたらしく、神妙にうなずいて、くれぐれもお気をつけて、と言ってくれた。

めだかが、雨に混じる放射能で死んだのか、ご主人がえさをやり忘れたのか、正直わからなかったし、訊かなかった。 
だけど雨どいの下に放射能はたまるっていうよね。。。


                 本日、6月20日の、マコト鎌倉レポートでした。
スポンサーサイト
music
link
RSSリンク
QRコード
QR