巨大な圧力釜

10日の夜、八時半過ぎに友達を迎えにいった時には、高円寺北口広場は静まりかえっていた。何事もなかったかのように。さっきまでの出来事が夢のようだ。夢だったとしたら、かなりいい夢だ。心ある人達が沢山いるのをこの目で確かめたんだから。

バンド仲間の先輩から回ってきたメールに心を動かされて、超反原発ロックフェスデモに参加した。今回の震災事故が起こるまで、政治、そして原発には正直無関心だった。しかし福島第一原発をめぐる東電、政府の言い回し、訂正、実は、こうなってしまった!!!に、わだかまりと怒りを感じていたし、黙っているしかないのか、と思っていた矢先だったし、自分が政治に関れるのは選挙とデモだけだと初めて気が付いたので、遊びじゃない、という想いを胸に集合場所の公園へと向かった。坂道から渦を巻くように、公園にはもうすでに人が溢れかえって、更に途切れることなくどんどん集まってくる。全然途切れない。。。思い思いのプラカードが青空に映え渡る。いたるところにメッセージが浮かんでる。白塗りしてる人までいる。原発いいかげんにしろ!というわかりやすいスローガンの下に、圧倒的な数の人々が集まっていた。来てよかったと、心から思った。みんな、思うとこあって、理屈じゃなく集まって来たんだ。
南米あたりの革命歌(俺のイメージだけど)がブラスバンドで演奏されて、デモはスタートした。かねてからライブが観たかったDeejayの演奏の後に、俺達は続いた。笑いをとりながら、巧みな言葉で煽動するDeejayHigher!命のコール&レスポンス。とても穏やかなひとときでした。やっと生で聞くことが出来ました。しかもこんなタイミングで。嬉しかったなあ。
結局、途中コースをショートカットして(すみません)、ビールも飲み(失礼!)、最初の方の集団に合流して、高円寺北口に到着。震災と原発、二重の被害を受けているという南相馬市に募金して、居酒屋へと向かった。
まさに今、というジャストなタイミングでデモを開催したコミュニティーに、拍手を送りたい。おつかれさまでした。
俺も出来ることをやる。これからは人の在り方が変わってゆく。心と心の繋がりの中に未来がある。そう教わったおもいです。

それにしてもデモ、全然ニュースにもなってないけど、圧力釜ってやつ?   そのうち爆発するかもよー  M
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

music
link
RSSリンク
QRコード
QR