三浦ハーフマラソン

さきおととい、今年の冬でも指折りのよく晴れた日曜日、三浦ハーフマラソンが行われました。
空には両脇を櫛ですいたような雲が浮かび、足元には大根畑の濃い緑の葉が白く眩しく光る中、気持ち良く初めて完走出来ました。嬉しかったなあ。くたくたでゴールするのがいやだったので、前半なるたけゆっくり走って、後半だんだんペースをあげていき、最後の3キロで出来る限りのダッシュをしました。ダッシュしている自分に驚きました。年末から練習した甲斐があった。俺もやれば出来るんだ!って感激しました。
走ることによって、こうした大会に出ることによって、自分に何がもたらされるのか上手く説明出来ないのですが、線対称に身体を動かして、視界を、未来を切り開いていく感覚がなんとも気持ちいい。身体と心のバランスをとるのに自分には向いている気がします。これからもマイペースに走れたらいいな。
ところで、大会には1万人くらい参加してたらしいのですが、そこには1万人の気持ちが放たれたわけで、それって凄いよね?目には見えないエネルギーを、きっと肌がビシビシ感じ取ってきたことでしょう。参加出来たことに感謝!です。
一緒に走ったチャッピー、あっちゃんゆきちゃんにもサンキュー!

そして、走ってた時に頭の中でかかったサウンドトラックは、"walkin' all night"LITTLE FEAT 、"気持ちE"RCサクセション、"don't wait"J.J.CALE、"I want you"SPIRITUALIZED、の4曲でした。ほんとはもっといろいろかかって欲しかった。
考えてみれば、無音の時間も多い今日この頃、これくらいがちょうどEのかな。

       これからは無音をどう大切に過ごすか、ですね。 なんつってw

                       
 

青梅マラソン。

今回、テルミン奏者でドラマーでもあるゆうゆうさんと一緒に走ってきました。

青梅は2度目だったのですが、あらためて良かったっす。
町並みもいい風情で、なぜか昔の映画の手書きのカンバンがいくつもたってたり、「赤塚不二夫会館」てのがあったり。青梅にゆかりがあったのかな?
町を抜けると今度は山並みが広がってきてちょっと奥多摩っぽい雰囲気もありつつ。

コースはアップとダウンしかないようなキツいコースですが、近所の人たちがアメとかチョコとかレモンとか梅干とか配って応援してくれて、それに助けられました。おかげで無事完走できました。


走った後は、温泉にビール。そんで1週間やめてたタバコも解禁!
今もビールを飲みつついい塩梅です。


あと、ゆうゆうさんに教えてもらったんだけど、村上春樹もマラソンやってるんだってね。
マラソンに関するエッセイ集が文庫で出てて、今パラパラ読んでるんだけど結構面白いよ。100キロのウルトラマラソンとかも走ってるらしい。
「走ることについて語るときに僕の語ること」っていう本です。


ではまた~

music
link
RSSリンク
QRコード
QR